Column

任意整理を行うメリットとは

任意整理とは貸金業者と交渉をすることにより、債務額全体を減らしたり、月々の返済額を減らしていくことで現在の支払いよりも負担を軽くする手続きとなります。弁護士が代理人の場合は、依頼者と毎月支払いに回せる金額に対して協議を行いつつ、業者と和解交渉を行います。この和解交渉とは自己破産や個人再生など裁判所を通す手続きではなく、利息制限法の利率で計算しなおした負債額を貸金業者と交渉することで今後の返済計画を話し合いで決めていきます。
任意整理を行うメリットは弁護士が代理人となり手続きを行うので、直接的な催促を止めることが出来ます。他にも高い利息で借りていた場合、債務額が減額されて過払い金が発生する場合が多いです。そして整理を行うことで将来への不安を軽減させることが可能です。