Column

和解という選択肢

お互いに異議がない場合は、和解の日から二週間経つとその決定は覆すことができないそうです。第一回口頭弁論には、金融業者はほぼ来ないそうです。その場合、被告側欠席につき、答弁書の擬制陳述という扱いになるそうです。
業者側の答弁書には、利息制限法の超える金利で取引していたことを認めるということが書いてあるそうです。また、利息に関しては、訴状が届く前の分は認めないということが書かれている人もいたそうです。業者は過払金を認めたのだから、その分の利息を払う必要はないということのようです。過払金だけで和解するのか、それとも多く返済をしていた期間のお金の分の利息を認めるまで戦うのかは自分次第のようです。
ただ、この場合、戦っても勝てる可能性も高いので争う姿勢を見せても良いようです。裁判に行くと業者は来ていないので、一人で答えることになるそうです。裁判官は、答弁書の和解案についての考えを聞いてくるそうです。